2018年09月13日

「お釈迦さまの脳科学」苫米地 英人


 今日は最近読んだ仏教について書かれた書籍を紹介します。


 それは、お釈迦さまの脳科学 (小学館101新書) [ 苫米地英人 ] です。


 





 著者である苫米地氏の評価は完全に真っ二つにかれているようです。仏教や心理学に通じた方からの評価は低いようですが、それ以外の方の評価はわりと高いのではないでしょうか?


この本に限らず、苫米地氏の著書では難しい内容を分かり易いように書いているので、深みがないというような評価をする人が多いのかもしれませんね。


私もどちらかというと懐疑的な読者かもしれません。しかし、苫米地氏の幅広い知識はなるほどなぁと感心させられることが多いのも事実です。


 この本で、感心した内容を簡単に説明します。

 日本には本当の仏教は伝わっていない。「葬式」も「位牌」も「戒名」も、釈迦の教えとは関係ない。これらは儒教や道教に由来するもので、仏教が中国を経由して伝わったがゆえのものである。


また『般若心経』は中国で創作されたと疑われているお経で、釈迦の教えではないようです。


さらにチベットで発見された『チベット大蔵経』が20世紀になって日本にも紹介され、他の宗教の影響を受けていない釈迦の教えがようやくわかるようになったそうです。本来の仏教は絶対的な存在である神を否定し、平等な社会をめざし、最新の物理学や数学と同じ結論を導き出していたということです。


脳機能科学者でもある苫米地氏は、天台宗の僧籍を持ち、チベット仏教の大阿闍梨の称号をも得ているそうで、苫米地氏が仏教の歴史を振り返りながら大乗仏教と日本仏教の成り立ちを解説しています。


仏教について知らなかったことがたくさん書かれているので、とても参考になりました。

この本で最も興味を持ったのは、苫米地氏が考えている釈迦の教えの核心と悟りの正体です。


まず苫米地氏が考えている釈迦の教えの核心とは、宇宙と自分は同じだということです。つまり自分を悟りに導いてくれる存在と自分との間に違いはないということです。


これは空海が説いている、大日如来と自分とは同一であるという教えと同じです。違いは、それを理解しているかどうかだけなのだと。


次に、苫米地氏が考えている悟りの正体とは、自分と宇宙の両方を完全に意識する事だそうです。つまり煩悩から解き放たれた状態です。


詳しく知りたい方は、この本を読んでください。


posted by gonta at 13:47| 本の紹介

2018年08月27日

納経の方法とは


 四国遍路の目的は、八十八ヶ寺を巡って、それぞれのお寺の本堂と大師堂に納経することです。なので、どのようにして納経するのかを理解しておく必要があります。


納経という言葉から分かるように、お経を納めることです。お経を納める方法には二通りあります。一つは事前に写経したものを納経所に収める方法です。実際に写経で納経する人は少ないようです。


大多数の人が納経する方法は、お経を読んで納経する方法です。お経を読むと言っても、どのようなお経を読めばいいのか分からない人がほとんどだと思います。でも、心配しなくても大丈夫です。


四国遍路は長い歴史があるので、お遍路の作法はほとんどマニュアル化されています。納経もそうです。納経のための道具がちゃんと用意されています。


それは、「仏前勤行次第」という本があるんです。「仏前勤行次第」は高野山や真言宗のお寺などで、僧侶が実際に修行時に使っている本なのです。なので、「仏前勤行次第」を読むだけで、納経が終わるのです。



 「仏前勤行次第」を使って納経する手順を簡単に説明します。

1.合掌礼拝(がっしょうらいはい)

2.開経偈(かいきょうげ)
 「開経偈」を一度唱えます。

3.懺悔文(さんげもん)
 「懺悔文」を一度唱えます。

4.三帰依文(さんきえもん)
 「三帰(さんき)・三竟(さんきょう)」を三度唱えます。

5.十善戒(じゅうぜんかい)
 「十善戒」を三度唱えます。

6.発菩提心真言(ほつぼだいしんしんごん)
 「発菩提心真言」を三度唱えます。

7.三摩耶戒真言(さんまやかいしんごん)
 「三摩耶戒真言」を三度唱えます。

8.般若心経(はんにゃしんぎょう)
 「般若心経」を一巻唱えます。

9.ご本尊真言(ごほんぞんしんごん)
 各札所の「本尊真言」を三度唱えます。
 各札所の本尊真言は、別の機会に紹介します。

10.光明真言(こうみょうしんごん)
 「光明真言」を三度唱えます。

11.ご宝号(ごほうごう)
 お大師さまの「ご宝号」を三度唱えます。

12.回向文(えこうもん)
 「回向文」を一度唱えます。

13.合掌礼拝(がっしょうらいはい)
 「ありがとうございます」と述べ、合掌し礼拝します。


 四国遍路に行って、いきなりこれを読めと言ってもなかなかできないと思います。なので、事前に「仏前勤行次第」を購入し練習するいいでしょう。


  経本 仏前勤行次第

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ポイント2倍 6/14〜21】経本 仏前勤行次第
価格:310円(税込、送料別) (2018/6/19時点)





posted by gonta at 14:21| 四国遍路の参拝の方法

2018年08月22日

参拝の作法


 せっかく四国遍路をしようと決めたのですから、お寺をお参りする時の手順とお作法を頭に入れておきましょう。きっちりと覚えておかなくてもかまいません。実際に経験品から覚えていけばいいのです。


でもだいたいの手順とお作法は理解しておいた方が便利ですし、他の巡礼者に迷惑をかけることもありません。それに知っておいた方が恥ずかしくありませんからね。



 それでは順を追って説明します。

1.山門で合掌一礼

 お寺の入口の山門や仁王門で合掌一礼して境内へ入ります。


2.手水場」で身を清める

 どのお寺にも必ず「手水場(ちょうずば)」があります。まず、手を清めてから水を手に受け、口をすすいで身を清めます。

左手→右手→口→左手→柄杓の柄の順で。柄杓一杯の水で全ての手順を終えるのがポイント。前もってハンカチを用意しておけば、慌てずにすみます。


3.鐘を突く

 鐘を突く人は少ないようですが、自由に鐘を突ける札所ではトライしましょう。ただし、鐘を突くのは1度だけにしましょう。参拝前につくのが礼儀です。

参拝後に突くのは縁起が悪いそうです。

 
4.本堂でお参り

 88-henro79.jpg

 ここでしなければならないことはたくさんあります。

 1)ロウソクに火を灯してロウソク箱に納める。奥からさしてください。
 2)お線香に火をつけて、お焚き鉢に刺す。お線香は3本。中心付近に立てる。
 3)納経箱に「納経札」を入れる。
 4)「写経」がある人は「写経箱」に写経を入れる。
 5)お賽銭を入れる。
 6)合掌して、3札する。
 7)「仏前観経次第」を読む(お経をあげる)。
 8)合掌一礼。


5.大師堂でお参り

 どのお寺にも、本堂とは別に弘法大師をまつった「大師堂」があります。そこでも、本堂と同じことをします。但し、「仏前観経次第」の「ご本尊真言」を省略します。
 

6.納経所でご朱印を戴く

 納経所に行き、ご朱印を戴きます。
受付時間は、午前7時〜午後5時まで。ご朱印は有料で1寺につき300円。


7.山門を出て、振り返って合掌一礼

 お寺のご本尊様やお大師様が見送りに来られています。
山門を出たら振り返って、本堂に向かって合掌一礼しましょう。



 お作法通りに参拝することは大切なことですが、それよりも「祈りの気持ち」「仏様を尊ぶ気持ち」の方が大切です。なので、お作法通りできなくてもあまり気にすることはありません。


参拝者がたくさんいる時は、納経の邪魔にならないように、少し場所を変えてお経をあげるという心遣いをしてくださいね。他の人への思いやりを育むことも、お遍路の大事なポイントです。

posted by gonta at 15:42| 四国遍路の参拝の方法