2018年05月24日

「空海は、すごい:超訳弘法大師のことば」苫米地 英人


 今日は空海について書かれた書籍を紹介します。
著者は苫米地 英人氏です。洗脳についてくわしい認知科学者ですが、少々胡散臭いところがある学者と言った方がいいかもしれませんね。


本人曰く、脳科学を専門とする学者ですが、仏教の伝統派である天台宗で得度をし、インドの密教寺院の僧院長をしているそうです。真偽のほどは分かりませんがそうなのでしょう。



 苫米地英人が空海について書いた本は、

 空海は、すごい 超訳 弘法大師のことば /苫米地英人【著】 【中古】afb です。

 




 
 苫米地英人氏は、この本で空海を褒めちぎっています。どういうふうに褒めているのかというと、

キリスト教に匹敵する史上最強の宗教が、かつての日本に存在した!それは親鸞の浄土真宗と空海の真言宗であると言っています。とにかく日本の仏教の中では異質な宗教だという切り口で始まります。


しかし最後には 空海の教えはお釈迦様(ガウタマ・シッダールタ)の教えに最も近いと言っうのです。そして空海の真言宗は最も民衆に受け入れやすく分かり易いものになっているというのです。


そのあたりの考え方は、この本を読んで理解してください。長くなるので省略させていただきます。


この本を読むと、空海の真言宗の凄さが分かると思います。まさに空海はキリストに匹敵する、あるいはキリストを超える宗教家であったことが理解できるのです。

posted by gonta at 11:06| 本の紹介

2018年05月21日

金剛杖とは


 金剛杖は、昔の修験者(しゅげんじゃ)が持って歩いたいた八角または四角の白木の杖のことです。富士山に登った経験がある人なら、登る前に八角の杖を買って登ったのではないでしょうか?


それと同じものです。つまり登山などをする時に助けになるのが杖ですが、四国遍路でも険しい山道を登らなければならないところがあるので、杖を持っているととても助かるのです。


登山の場合には、このような杖の代わりにストックの方が便利です。使わない時には短くしてリュックなどにしまえますからね。


 88-henro65.jpg

ただ、四国遍路の場合は、この杖に特別な意味があるのです。それは何かというと、「金剛杖」は「お大師様の化身」だと言われているのです。


お遍路さんが被っている菅笠や頭陀袋に「同行二人」という言葉が書かれているのをご存知だと思います。四国遍路は、「同行二人」の旅と言われるように、「常にお大師様と一緒にいる」のです。


杖といっしょに歩くことは、お大師様と一緒に歩くことなんです。どんな時でも、常に横で見守ってくださるのが「金剛杖」、つまりお大師様だという訳です。


そういうことですから、「お大師様の化身」である「金剛杖」は四国遍路になくてはならないアイテムなのです。


どれほど大切な物なのかというと、杖の先は「神仏の化身」とも言われているので、宿につくとまずこの杖を清めなければなりません。そしてきれいに拭いてから、部屋の床の間に置いて上げなければなりません。


今日一日無事に過ごせたことを感謝し、お大師様のご加護に感謝するという意味合いがるのです。四国お遍路で、「金剛杖」を大事に扱うのは、こんな理由があるのです。


実際に歩き遍路をしている方は、ほとんど「金剛杖」を持っていますが、外国からやってきたお遍路さんは持たずに歩いているのをよく見かけますね。


「金剛杖」を持って歩かなければならないという決まりはありません。実用性から言うとストックの方が便利なので、あなたの好きにすればいいと思います。ただ、「金剛杖」だと四国遍路を終わった後の記念にはなりますね。

posted by gonta at 10:58| お遍路グッズ

2018年05月14日

なぜ白衣を着て巡礼するのでしょうか



 なぜ白衣を着て巡礼するのでしょうか?


勘のいい方はもうお分かりだと思いますが、白衣、つまり白装束(装束)は死に装束だからです。



時代劇で武士が切腹するシーンをご覧になったことがあると思います。切腹する武士は身を清めてから白装束に身を包んでから、切腹の行為に臨みます。身を清め白装束を纏うことで、死の決意をするのです。



四国巡礼もその名残が残っているようで、白衣のような白装束をして、死ぬ覚悟で巡礼に赴いたということです。今では巡礼中に亡くなるというのは珍しいことですが、四国八十八箇所というのは元々修行の場ですから、修行中に命を落とすこともあったのです。



なので、死んでもかまわないという覚悟がなければ四国巡礼することができなかったという名残が残っているのです。それほど危険な旅であったということでしょう。今ではまったく考えられませんね。




 ちょっと脱線しますが、今でも巡礼の途中で亡くなる方がいます。巡礼の途中で亡くなるというよりも、四国遍路をしながら行き倒れたいという思いで巡礼を続けている方がいるのです。



四国遍路の経験者ならご存知かもしれませんが、手押し車のようなものに全財産をすべて押し込んで、巡礼している方を見かけたことがあるはずです。このような方は、高齢の方が多いようですが、そうでない方もいます。



そういう方は見れば雰囲気で分かります。普通の巡礼の方とはまったく違うからです。ただ、今ではとても少なくなっているように思います。見かけることがないかもしれません。




 ということで、巡礼するのに白衣、つまり死に装束をする必要はありません。普段着で巡礼してもかまいません。普段着の上に袖なしの白衣を着て巡礼している方が多いですね。


 88-henro63.jpg


四国巡礼をする場合、納経帳に御朱印を貰うのが一般的ですが、最近は、白衣に御朱印を貰う方も多くなっています。88ヶ所の御朱印がもらえるような格好になっている白衣も出ています。記念になるので、そういう白衣で巡礼してもいいですね。



私は、背中に「南無大師遍照金剛」という文字が入っている白衣をお勧めします。四国遍路だと分かり易く、お接待もしてもらえるのでいいと思います。


 四国八十八ヶ所用白衣(背文字入り)<袖無し>







posted by gonta at 10:57| お遍路グッズ