2017年11月08日

四国遍路の巡礼パターンとは


 88-henro05.jpg


 四国遍路はどこから始めても、まったく問題がありません。自分の思うがままにお参りすればいいのです。まったくルールはありません。


とはいうものの、やはり圧倒的に多いのは、1番札所から2番札所、3番札所、・・・と88番札所まで順番に巡っていくパターンです。これを「順打ち」と呼びます。


「順打ち」以外にもいろんな巡礼パターンがあります。その他にも、逆に巡る「逆打ち」や「通し打ち」、「区切り打ち」、「一国参り」、「乱れ打ち」などがあります。



 これらの巡礼パターンを簡単に紹介します。

1.順打ち 
1番札所から2番札所、3番札所、・・・と88番札所まで順番に巡ること


2.逆打ち
88番札所から87番札所、86番札所、・・・と1番札所まで逆の順番で巡ること

 88-henro09.jpg

江戸時代までは、逆打ちは道に迷うというような苦労があるので、順打ちの3倍の御利益があると言われていました。しかし、最近ではそのような苦労は軽減されています。

「逆打ち」が有名になったのは、巡錫中の弘法大師に無礼を働いた伊予の豪商・衛門三郎が大師に許しを請うため遍路に出たものの、20回以上順打ちで巡礼しても追い付けず、閏年の申年に逆回りを試して出会えたという言い伝えからです。

閏年に逆打ちを行うと倍の御利益があるということで、閏年には逆打ちが多くなります。


3.「通し打ち」
1度の旅で八十八箇所のすべてを巡ること


4.「区切り打ち」
何回かに分けて巡ること


5.「一国参り」
「区切り打ち」の中でも阿波(徳島県)、土佐(高知県)、伊予(愛媛県)、讃岐(香川県)の4つに分けて巡礼すること


6.「乱れ打ち」
順序にこだわらず巡ること
最近は、「乱れ打ち」が増えています。



 これらの巡礼パターンを参考に、あなたも自分に合った巡礼パターンを見つけて、ぜひお参りしてくださいね。



posted by gonta at 16:33| お遍路さんとは

2017年11月03日

四国巡礼はどこから始めてもかまわない


 四国八十八箇所を巡ることを四国では遍路といいます。それ以外にも四国巡礼や四国巡拝、四国遍路などとも言われます。そして地元四国では、巡礼する人を敬愛の意味を込めて「お遍路さん」と呼びます。

 88-henro06.jpg


 どこから遍路を始めてもかまわない

 お寺や神社に行くとお参りする順番や作法があります。今では、その作法通りにお参りする人の方が少なくなっているので、あまり気にすることはないのかもしれません。


四国遍路も同じです。通常は1番札所から2番札所、3番札所、・・・と88番札所まで順番に回っていきます。これを「順周り」とか「順打ち」と呼びます。


しかし、四国遍路の場合、回り方に決まりはありません。順番通りに回る必要はないのです。自分の都合によって決めればいいのです。


八十八ヵ所を徒歩で順番に回ると40日くらいかかります。仕事をしている人の場合、それだけの長い期間休みをとって遍路をすることはできません。なので自分の休みと相談しながら遍路をする人が多いのです。


四国に住んでいる方なら、近くのお寺から回る人がたくさんいます。四国以外でも交通機関を考えて、都合のよいお寺から回る人も多いようです。

 88-henro16jpg.jpg




 1年以上かけて回る人も多い

 八十八ヵ所をすべてまわるのに要する期間も様々です。1年以上かけて回る人もたくさんいます。


最近は徒歩で遍路する人よりも車で回る人が増えています。観光バスを使ったツアーで回る人が多くなったように思います。


車を使ったり観光ツアーなら、高速道路を利用すると最短5日間くらいで回れるようです。四国遍路をする目的や理由によって、移動手段や日程を決めればいいと思います。
四国遍路は本当に自分の思うがままに自由にやっていいのです。


posted by gonta at 10:03| お遍路さんとは

2017年09月27日

四国遍路は何時頃から始まったのでしょうか


 四国八十八箇所を巡ることを四国では遍路といいます。それ以外にも四国巡礼や四国巡拝、四国遍路などとも言われているようです。そして四国八十八箇所を巡礼する人を四国では、お遍路さんと呼びます。

 88-henro03.jpeg

 お遍路さんとして知られる四国遍路が始まったのは何時頃なのかはハッキリしていません。

空海は讃岐で生まれました。その当時の四国は、国の中心地から遠く離れた地で、さまざまな修行の場として知られていました。空海もここでたびたび修行をしていたことが分かっています。


その空海が修行をした八十八ヶ所の寺院を選び四国八十八ヶ所霊場を開創したと伝えられているのは815年(弘仁6年)です。それが正しければ、四国八十八ヶ所が開創されてから1200年を超えていることになります。


なので四国遍路が始まるのは、早くても815年以降です。ただ空海は835年(承和2年)に高野山で入滅し、醍醐天皇より弘法大師の大師号を贈られたのが921年(延喜21年)ですから、四国遍路が始まったのは、空海が弘法大師として有名になった後ではないかと考えられています。



 現代の形になったのは

 現在は一般の人でも気楽に四国八十八ヶ所を巡ることができます。四国遍路がこのような形になったのは、近世初期の1600年頃だと言われています。

 88-henro06.jpg

元々、四国は辺地修行の場として知られており、山岳信仰、海洋信仰、観音信仰、浄土信仰などさまざまな信仰の修業が行われていました。それは、当時は四国が浄土への渡海の地と考えられていて、浄土に近い修行地として特別視されていたからです。


その後、弘法大師として空海が有名になったことによって、辺地修行の場としての四国八十八ヶ所が、弘法大師信仰によって四国遍路として統合されることになったと考えられています。


posted by gonta at 14:37| お遍路さんとは