2018年03月19日

夢枕獏の「幻想神空海」


 「空海―KU−KAI― 美しき王妃の謎」という日中合作の映画が話題になっていますが、
夢枕獏ファンにはたまらない映画だと思います。この映画は偉人「空海」の人間らしい一面を知るうえで、とても参考になる面白い映画だと思います。


小説家、特にファンタジー小説を書かせたら日本一だろうと思われる夢枕獏さんは、「空海―KU−KAI― 美しき王妃の謎」の元となった「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を書いており、空海に関する知識は相当なものだと思います。


空海に関する本をたくさん書いています。人間空海を知りたいなら、夢枕獏氏の「幻想神空海」を読むことをお勧めします。

 幻想神空海 [ 夢枕獏 ]

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

幻想神空海 [ 夢枕獏 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/3/19時点)





 私がこの本と出会ったのは、四国八十八箇所を開き万能の天才として知られる空海こと弘法大師というのは、どのような人だったのか知りたくて、空海について書かれた本を探している時に、最初に出会った本なのです。


この本と出会うまで、夢枕獏氏が空海について書いていることさえ知りませんでした。そういうこともあって、最初は興味本位で読み始めました。


しかし読み進めていくと、そこには今まで知っていた空海のイメージとはまるで違った空海がいたのです。


 内容を簡単に説明します。夢枕獏氏が自らの原点空海についての語っています。何故空海に憧れたのか、その魅力と高野山の謎、真言密教の教えなどを語っています。

私が最も面白いと感じたのは、第二部です。高野山真言宗般若院の宮崎信也住職と「空海とは何者か?」をテーマにトークバトルを繰り広げています。この第二部を読めば、従来の空海関連書籍では得ることができない、新しい空海の魅力が楽しめます。


中でも、「敵を作らない、すべてを飲み込む、破壊しない、最強の僧空海の思考が世界を救う!」と空海を表現しているのには感心しました。まさにその通りだと思います。


夢枕獏氏も空海が大好きなのだと思います。偉大な空海ではなく、あえて人間空海の泥臭さやしたたかさを書いているところが憎いと思いますね。ただ、第二部は仏教の知識がないと理解するのが難しい内容ですから、空海について書かれた、いろんな本を読んでからの方がいいかもしれませんね。

続きを読む
posted by gonta at 14:14| 本の紹介

2018年03月07日

四国遍路の旅は弘法大師と共に?


 弘法大師が若い頃に修行した四国にある八十八箇所の霊場を廻るのが四国遍路です。


四国遍路を一度でもしたことがある人、あるいはお遍路をしている人を見た経験がある人なら、知っていると思いますが、お遍路さんが被っている笠には、「同行二人(どうぎょうににん)」という言葉が書かれています。

 88-henro50.jpg

これはどういう意味なのかというと、もし、あなたが1人でお遍路を始めたとしても、あなたは1人でお遍路をしているのではなく、あなたのそばでいつも弘法大師が見守ってくれているということなのです。


「同行二人(どうぎょうににん)」とは、弘法大師と一緒に巡礼の旅をするということです。


昔から、四国遍路に行きたくて行くのではなく、「弘法大師様から呼ばれたのでお遍路に来ることができた!」と言われます。つまり、弘法大師に呼ばれて初めて「同行二人」の旅ができるということなのでしょう。


とはいっても、実際問題として、次のような条件が揃わなければ、お遍路をすることはできません。

1.1200Kmも道のりを耐えられる健康な身体と心を持っていること
2.お遍路の旅を続けられる時間があること
3.家族がいる場合、長期間の留守ができる環境にあること
4.お遍路の旅を続けられるお金があること


これらの条件がすべて揃うということは、きっと弘法大師に呼ばれたということになるのでしょう。


あなたが若者でも、中年でも、老人でも、弘法大師に呼ばれたのなら、年齢なんか気にせずに行くべきです。あなたが行きたい思ったのなら、自分の心に素直に従って、周りの目なんか気にせず行くべきだと思います。






posted by gonta at 15:46| 四国八十八箇所霊場とは

2018年02月23日

四国八十八箇所霊場を巡る目的とは


 四国八十八箇所霊場巡り、つまり四国遍路をしている人は、なぜ四国八十八箇所霊場巡りを始めたのでしょうか?


その答えは十人十色、それぞれ違っていると思います。四国八十八箇所霊場巡りの目的はハッキリ言って人それぞれです。


 次のような理由でお遍路を始める人が多いのかもしれません。

1.人生の節目に自分自身を振り返りたい
2.人間の持つ八十八の煩悩を振り切ってしまいたい
3.厄災を振り払いたい
4.子供の受験や夢が成就することを願って
5.精神鍛錬のため
6.純粋に仏教の修行をするため
7.弘法大師の足跡をたどりたい
8.観光(四国旅行)のため
9.スタンプラリーと同じでご朱印を集めたい
10.お寺の所有する国宝や重要文化財などを見たい

 88-henro48.jpg

その他にも色々な理由があると思います。四国八十八ヶ所を巡礼する理由はどのようなものであっても良いと思います。



しかし、これだけは守ってもらいたいことがあります。それは四国八十八箇所霊場であるお寺の本堂と大師堂の2ヵ所でお経を唱えて貰いたいのです。つまり仏様に挨拶して貰いたいということです。

 88-henro49.jpg

夜遅くお寺に着いて、既に閉まってしまったお寺の山門の前で手を合わせれば終わりというのはダメです。それでは四国八十八箇所霊場をただ廻っただけにしか過ぎません。


四国八十八箇所霊場巡り、つまりお遍路の目的を達成できないのです。四国八十八箇所霊場巡りというのは、お経を唱えることによって、心を清く正しくし、功徳を積むのが本当の目的だからです。


良い行いには優れた結果をもたらしてくれる力があるとされています。それが功徳(くどく)言われることなのです。


つまり、お経を唱えて心を清くしていく良い行いには、結果として良い報いがやってきます。良い報いを受けたいから心を清く正しくしようというのではなく、心を清く正しくしようと励めば、意図することなく良い報いが舞い込んでくるということです。




posted by gonta at 15:34| 四国八十八箇所霊場とは