2017年12月06日

空海ってどんな人?


 空海という名前を聞いて、まず思い浮かぶのは四国遍路で知られた「四国八十八ヵ所」を開いた有名なお坊さんだということでしょう。

 88-henro28.jpg


お遍路をした経験がある人ならよく耳にするのが「お大師さん」です。空海の死後に「弘法大師」という名前を天皇より授かりました。そのため、空海のことを「弘法大師」と呼ぶのです。


しかし四国に住んでいる人たちは、「お大師さん」と呼びます。それは「弘法大師」よりも「お大師さん」の方がより親しみを感じるからだと思います。四国の人達にとっては、「お大師さん」が生活の中に根付いているからだと思います。


四国遍路がこれほど長くつづいていることを考えれば、お遍路さんは生活の一部と言えるかもしれませんね。なので、空海のことを、自然に「お大師さん」と呼ぶようになったのでしょう。お遍路さんとして「四国八十八ヵ所」を巡礼しながら、空海のことを身近に感じた人が「お大師さん」という言葉を使い始めたのかもしれませんね。


 88-henro26.jpg


 空海は774年に讃岐国多度郡屏風浦(現在の香川県善通寺市)に生まれました。父は郡司・佐伯直田公(さえきのあたいたぎみ)、母は阿刀大足の娘(あるいは妹)で、幼名を真魚(まお)と言いました。


父は郡司ですから、貴族出身の家柄のよい生まれです。今で言えば市長さんの息子のような存在です。


地方の下級貴族の子供である空海は、中国に渡り中国から真言密教を持ち帰り、真言宗を開きました。その後、真言宗の開祖として知られる日本の歴史の中で最も有名なお坊さんの1人になったのです。


「四国八十八ヵ所」も有名ですが、それよりも高野山(真言宗総本山金剛峯寺)の方が有名かもしれませんね。高野山は和歌山県伊都郡高野町にある周囲を1,000m級の山々に囲まれた標高約800mの平坦地にあります。


空海は816年に嵯峨天皇から高野山を下賜され、修禅の道場として開きました。後に高野山は日本仏教における聖地の1つとして有名になりました。現在は「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成しています。山内の寺院数は高野山真言宗総本山金剛峯寺(山号は高野山)のほか、子院が117か寺もあるんですよ。




posted by gonta at 15:25| 空海とは?

2017年11月21日

なぜ四国遍路が1200年も続いてきたのでしょうか


  四国遍路が何時頃始まったのかはハッキリしていませんが、空海が修行をした八十八ヶ所の寺院を選び四国八十八ヶ所霊場を開創したと伝えられているのは815年(弘仁6年)です。つまり四国八十八ヶ所が開創されてから1200年を超えているのです。


ただ現在のような形になったのは、近世初期の1600年頃だと言われています。つまり、それまでは修験者などが主体の霊場であったものが、一般庶民の巡礼者が増えたことによって、形が変わらざる得なかったということでしょう。


一般庶民が巡礼を始めてからでも400年以上の歴史があるのですから、凄いですよね。しかもスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラのようなキリスト教の3大巡礼地ではありません。



 なぜ、一般庶民がお遍路をするようになったのでしょうか?

1600年以前のように修験者が修行をするために利用したのであれば、お遍路の目的がハッキリしているので理解できます。しかし、一般人が長い時間をかけて遍路旅をするのは理解できませんね。


江戸時代には、娯楽が少なかったこともあって、少し余裕のある町人が公に旅行のような形で楽しむことができたのは、伊勢神宮にお参りすることや富士山詣ででした。伊勢神宮に行ったことがある人なら分かると思いますが、伊勢神宮周辺は一大娯楽地です。

 88-henro25jpg.jpg

普段食べることができない御馳走を食べたり飲んだりするお店がたくさんあります。私の想像ですが、遊郭などもたくさんあったのだと思います。


伊勢参りや富士詣でを口実に旅行を楽しむ人が多かったのだと思います。それ以降も、伊勢参りや富士詣では流行になるくらい人気があったようです。


 henro22.png

 四国遍路も伊勢参りや富士詣でと同じように庶民の娯楽として流行したのではないかと考えています。ただ、伊勢参りや富士詣でとは違って、同じような理由からお遍路するようになったのではないかと考えています。


ただ、その後の動きを見ると娯楽とは少し違った意味合いがあるように思います。まさにサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼に近いものになっているように思います。。




posted by gonta at 15:30| お遍路さんとは

2017年11月15日

四国遍路に来る外国人が増加している


 最近、海外から日本に訪れる外国人が急激に増えました。

これは安倍首相が始めた取り組みが効果を上げているからでしょう。アベノミクスについては賛否両論ありますが、海外からの観光客を増やす取り組みについては、本当に素晴らしい成果を上げています。


安倍首相がアベノミクスという言葉を使い始めたのは2013年です。2013年の訪日外国人の数は1000万人程度でした。それが2016年には2400万人にまで増えました。わずか3年で倍増しています。


政府は2020年には4000万人にまで増やす目標を掲げています。2020年は東京オリンピックがあるので、簡単に達成しそうな気がしますね。



 それでは、これらの訪日外国人がどこに行っているのか?

これまでは東京、京都、大阪などの大都市での観光をする外国人がほとんどでした。中国人の「爆買い」という言葉が流行りましたが、日本に観光に来る中国人は大都市圏で「爆買い」して帰っていくのが普通でした。


ところが最近その流れが変わってきているのです。「爆買い」していた中国人までもが、おもてなしや医療、そして農業や工芸など自国では味わうことができない日本での体験をするために日本を訪れるようになってきています。

 88-henro20jpg.jpg

四国に住んでいると「お遍路さん」をよく見かけます。「お遍路さん」というのは「四国八十八ヵ所」を巡礼している人のことです。四国では特に徒歩で巡礼している人をそのように呼ぶようです。


四国に住んでいると普段からお遍路さんをよく見かけるのですが、確かに、最近外国人の「お遍路さん」をよく見るようになりました。金髪の若い女性がデイバックを背負って金剛杖をついて歩いています。

 88-henro18jpg.jpg


巡礼の旅は世界各地で行われていますが、過酷な旅が多いようです。しかし、四国遍路のように気楽にできて、接待までしてくれる巡礼は珍しいようです。そういうこともあって、四国遍路にチャレンジする外国人が増えているのかもしれませんね。


もちろん徒歩で巡礼する外国人は少数派ですが、バスや電車などを使って巡礼している外国人はたくさんいます。


posted by gonta at 17:24| お遍路さんとは