2018年10月30日

「三教指帰」 空海

 
今日は最近読んだ空海の書籍を紹介します。


 それは、空海「三教指帰」 ビギナーズ日本の思想 (角川文庫 角川ソフィア文庫) [ 空海 ]

 





 「三教指帰」は空海が24歳の時に書いたもので、密教を勉強するために唐に渡る前に書かれたものです。青年時代の空海は、母方の叔父である阿刀大足(あとの おおたり)について儒教を学びました。それは官僚になるには儒教を学ぶ必要があったからです。


しかし儒教や道教には物足りなさを感じていたのか、仏教を学び始めます。そして本格的に仏道に入る覚悟を決めるために、この本を書いたと言われています。実際に得度した年齢は定かではありませんが、唐に渡る直前の31歳だという説が有力視されています。



 「三教指帰」の内容を簡単に説明します。放蕩息子を改心させようと、儒者・道士・仏教者がそれぞれ説得するのですが、息子を納得させたのは仏教者でした。空海はここで人生の目的という視点から儒教・道教・仏教の三つの教えを比較しています。


それぞれの特徴を明らかにしながら、自分の進むべき道をはっきりと打ち出していく青年空海の意気込みに溢れ、空海にとって生きるとは何かが熱く説かれています。


原文の読み下し文を読んでもよく分かりませんが、加藤純隆氏の訳文はとても見事な出来なので、我々のような一般人でも読みやすく理解しやすい文章です。


訳文の他に原文の読み下し文と解説がついているので、難解な内容ですが、理解しやすいと思います。当時の空海の考え方がよく分かります。現代にも通じるものだと思います。さすがレオナルド・ダ・ビンチと並び称される天才だと思わずにはいられません。


 四国遍路に興味がある方には、ぜひ読んでいただきたい本だと思います。

posted by gonta at 10:39| 本の紹介

2018年10月16日

「悟りの教科書」 苫米地 英人


今日は最近読んだ書籍を紹介します。


 それは、悟りの教科書 「煩悩力」を生かせ [ 荒了寛 ] です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

悟りの教科書 「煩悩力」を生かせ [ 荒了寛 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/10/16時点)

楽天で購入




 この本は、苫米地英人氏の師匠である荒了寛(あらりょうかん)氏との対談です。

荒了寛氏は、天台宗の僧侶です。1928年に福島県に生まれ、10歳で仏門に入りました。そして大正大学大学院博士課程(天台学専攻)を修了し、僧侶の道を歩みます。

仙台市仙岳院、清浄光院(仙台)、大福寺(福島)などを歴任し、現在は天台宗ハワイ開教総長としてハワイに在住し、ハワイおよびアメリカ本土で布教活動に従事しています。

その傍ら、ハワイ美術院、ハワイ学院日本語学校などを設立し、日本文化の紹介、普及に努めています。


荒了寛氏の勧めで苫米地英人氏は出家し、仏教の道に入ったということです。そのような二人が対談する内容は、当然ながら仏教の話です。天台宗の最高奥義とされる『摩訶止観』について語っています。


 苫米地英人氏によると、

仏教は単なる宗教ではなく、今を生きるために必要な「脳の使い方」を教えてくれる、偉大なる知の体系であるというのが私の考えです


 そして荒了寛氏は、

私たちは空であるがゆえに、無限の可能性がある。無限の未来がある。それを見つけなさいというのが釈迦の教えであり、『法華経』の教えであり、『摩訶止観』の教えだと思います。

と、この本の中で述べています。



 私が、この本を読もうと思ったのは、以前から坐禅に興味があり、最近では毎日坐禅をしているのですが、坐禅をするうえで重要な考え方が「摩訶止観」です。現役の僧侶が「摩訶止観」をどのように捉えているのかを知りたかったというのがきっかけです。


想像通りだったので安心しました。心を平穏に保つために、「摩訶止観」について勉強されるといいと思います。

posted by gonta at 10:55| 本の紹介

2018年09月18日

「即身成仏義」「声字実相義」「吽字義」 空海


 今日は最近読んだ空海の書籍を紹介します。


 それは、空海「即身成仏義」「声字実相義」「吽字義」 ビギナーズ日本の思想 (角川文庫 角川ソフィア文庫) [ 空海 ] です。

 




 空海が書いた真言密教の教えの中でも最も重要な教えです。

空海が我々のような庶民に最も教えたかったこと、それが「即身成仏義」に書かれています。それは真言密教において、法身大日如来こそが真実の仏陀だと空海は説いています。その大日如来はどのような仏身なのか、私達とどう関わっているのかを説いているのが「即身成仏義」です。


そして言語や文章を用いた大日如来の受けとめ方や実在性を主張しているのが「声字実相義」です。


「吽」の一字には世界の全てが含まれ、それは大日如来と同じであると空海は説いています。あらゆる価値の共通の原点は大日如来だと教えているのが「吽字義」です。



曼荼羅の中央に座す大日如来にについて書かれた真言密教必読の「即・声・吽」三部作です。真言密教を理解する上で必読の三部作だと言えます。わかりやすい現代語訳で書かれていますが、理解するのは難しいですが、絶対に読んで欲しいですね。


「即身成仏義」「声字実相義」「吽時義」について書かれたこの解説本は、仏教特有の単語の解説を十分に書いてくれていないので、仏教の用語に慣れていない方にはとても難しいと思います。


仏教の用語に慣れていない方はまず、このシリーズの「般若心経秘鍵」や「三教指帰」などを読んでからの方が良いと思います。



 空海が「即身成仏義」で言いたかったことは、曼荼羅上の全ての存在は大日と同体です。大日如来と衆生も一体です。


つまり我即大日という大原則に衆生はただ気付いていないだけで、大日と自分が一体であることを認知する事が即ち「即身成仏」だと説いています。


前回紹介した苫米地英人氏の「お釈迦さまの脳科学」でも、悟りの正体とは、自分と宇宙の両方を完全に意識する事で、それができれば煩悩から解き放たれた状態になれる。まさに空海が説いていることと同じです。

posted by gonta at 11:23| 本の紹介