2019年01月11日

弘法大師 空海を読む 加藤精一

 
最近読んだ空海について書かれた書籍を紹介します。


 それは、【中古】弘法大師・空海を読む 即身成仏義・弁顕密二教論・般若心経秘鍵・三昧耶戒序 /大法輪閣/加藤精一 (単行本) です。

 





 まずは著者の紹介から。

加藤精一氏の父は加藤純隆、祖父は加藤精神で、三代続けて真言宗豊山派の学僧という血筋です。しかも大正大学の教授でもあります。


父の加藤純隆氏が口語訳した『三教指帰』や『秘蔵宝鑰』は、口語訳、訓読、解説の三部構成で、一般の方にも読みやすい工夫がされていると評価の高い著作です。


精一氏も純隆氏の後を継いで空海の著書を口語訳しています。やはり一般人にも読みやすい工夫がされている上に、とても有益な著者の解釈がなされています。ただ空海の意図を汲み取る集中力が少し阻害されるきらいがあると感じます。



 この著書の内容を簡単に。

空海の著作として有名な「即身成仏義」、「弁顕蜜二教論」、「般若心経秘鍵」、「三味耶戒序」などの口語訳です。著者の紹介のところで少し触れたように、一般人にも読みやすい工夫がされていること、さらに著者の解釈がとても有益だというところが特徴だと思います。


空海はこれらの著作の中で、大日如来と人間とはもともと一体のものであることを繰り返し説いています。なので自分自身の中にある仏を感じる努力を続けなさいと言っているようです。


一般人にも読みやすい工夫がされているとはいっても、素人の私が読むにはやはり理解しにくい内容であることは否めません。仏教用語というか、空海が使っている言葉の意味を理解することから始めなければならないと感じました。


 この本は空海の考え方を理解するために、手元においてじっくり時間をかけて読みたい本であることに間違いはありません。


posted by gonta at 10:47| 本の紹介