2018年10月30日

「三教指帰」 空海

 
今日は最近読んだ空海の書籍を紹介します。


 それは、空海「三教指帰」 ビギナーズ日本の思想 (角川文庫 角川ソフィア文庫) [ 空海 ]

 





 「三教指帰」は空海が24歳の時に書いたもので、密教を勉強するために唐に渡る前に書かれたものです。青年時代の空海は、母方の叔父である阿刀大足(あとの おおたり)について儒教を学びました。それは官僚になるには儒教を学ぶ必要があったからです。


しかし儒教や道教には物足りなさを感じていたのか、仏教を学び始めます。そして本格的に仏道に入る覚悟を決めるために、この本を書いたと言われています。実際に得度した年齢は定かではありませんが、唐に渡る直前の31歳だという説が有力視されています。



 「三教指帰」の内容を簡単に説明します。放蕩息子を改心させようと、儒者・道士・仏教者がそれぞれ説得するのですが、息子を納得させたのは仏教者でした。空海はここで人生の目的という視点から儒教・道教・仏教の三つの教えを比較しています。


それぞれの特徴を明らかにしながら、自分の進むべき道をはっきりと打ち出していく青年空海の意気込みに溢れ、空海にとって生きるとは何かが熱く説かれています。


原文の読み下し文を読んでもよく分かりませんが、加藤純隆氏の訳文はとても見事な出来なので、我々のような一般人でも読みやすく理解しやすい文章です。


訳文の他に原文の読み下し文と解説がついているので、難解な内容ですが、理解しやすいと思います。当時の空海の考え方がよく分かります。現代にも通じるものだと思います。さすがレオナルド・ダ・ビンチと並び称される天才だと思わずにはいられません。


 四国遍路に興味がある方には、ぜひ読んでいただきたい本だと思います。

posted by gonta at 10:39| 本の紹介