2018年10月09日

摩訶止観とは


 「摩訶止観」というのは、大乗仏教の思想を体系化し、悟りに至る方法論としてまとめられたものです。


594年に中国荊州(現在の湖北省)玉泉寺で天台大師智(ちぎ)によって講義され内容を弟弟子の章安灌頂(かんじょう)がまとめたとされています。

 88-henro88.jpg

「摩訶止観」は『法華玄義』『法華文句』とともに天台三大部とされ、10巻に及ぶ重要な論書で、「止観」と略されています。智はこのなかで仏教の実践修行を「止観」として詳細に体系化しています。


「摩訶止観」という名称は、サンスクリットで偉大なという意味の「摩訶」がつけられるほど、前代未聞のすぐれた「止観」だという意味を持っています。


「止」とは外界や迷いに動かされずに心を静止させることであり、それによって正しい智慧を起こして対象を観察することを「観」といいます。智は特に、止観の対象を凡夫自身の心に定め(この観法を観心という)、普通の人々が成仏を実現するための実践とし、その仕方を一念三千の法門として明かしています。



 天台宗というのは、空海と同時期に唐に留学した最澄が開いた宗派です。最澄は天台宗と同時に密教も日本に持ち帰りました。


そういうこともあって、天台宗では止観業のような禅わ教えるだけでなく、護摩を焚いたり、過酷な修行をすることによって、さまざまな幻覚や体験をさせる密教も同時に教えます。


なぜ、そのような修行をするのかというと、智の「摩訶止観」の教えを実践しているからなのです。


智は「摩訶止観」の中で、坐禅や断食、水垢離などの修業だけでは、本当は悟っていないのに、悟りの境地に至ったような幻想を作り出してしまう危険があるので、修行と同時に経論研究の双方が大事だと言っています。


智は「静と動の境地を併せ持つこと」を止観と言っているのです。まず心を静かに見つめ、そこからこの世間における自分の存在を見極め、しかも、そこにとどまらずに自在に行動を起こすことができるようにする、そのための修業方法が止観なのです。


止観はつねに一体のものなので、止と観を別々に考えてはいけません。そこが重要なポイントだということです。

posted by gonta at 15:29| 知っておきたい仏教の知識