2018年09月20日

仏教を勘違いしている人が多い


 仏教を正しく理解している人は少ないと思っています。多くの日本人が仏教に接するのは、人が亡くなった時や親族の法事などの時でしかない人がほとんどだと思います。


なので、死者を弔ったり、ご先祖様を供養するためにあるのが仏教だと捉えているいる人がほとんどではないでしょうか?


あるいは、仏教の知識がある人でも、死後の世界に対する神秘的なイメージでとらえている人が多いのではないでしょうか?


ところが仏教の創始者であるお釈迦様(ゴータマ・シッダールタ)は、我々が抱いているようなイメージとはまるで違った考え方なのです。


お釈迦様が死に直面した時に、弟子の阿難(アーナンダ)に、葬式に僧侶が関わることはない、信者にまかせよと言っているのです。


お釈迦様は仏教の修行者は葬儀に参加する必要はないと言い切っています。つまり、仏教の修行者にとって大事なことは、「今どのように生きるべきか」であって、死後のことに心を煩わせるのは意味がないと考えていたのです。


現在の日本では、葬式や法事を取り仕切ることで頭が一杯のの僧侶が多いと思います。もちろん僧侶ですから、日々の修業は積んでいるはずですが、妻帯し子を持つのは当たり前で、お酒を飲んだり肉食している僧侶も多いようです。


お釈迦様の教えを忠実に守っている僧侶は少数派だと言えるでしょう。それを批判しているわけではないのです。現代においてお釈迦様の時代のように托鉢だけで食べていくなんてことはできませんからね。


それではお釈迦様は何がしたかったのかというと、現生で生きている人に幸せになってもらうために、お釈迦様が悟ったことを説いて歩いたのです。

 88-henro85.jpg

 お釈迦様の教えは、あくまでも、この現世でどのように生きるべきかということであって、死んで極楽浄土に行くことを目的としていないのです。


ですから、四国遍路に興味を持ちお遍路をしたいと思っている方は、現世で幸せになることを願い、歩いてほしいと思っています。

posted by gonta at 11:39| 知っておきたい仏教の知識