2018年09月18日

「即身成仏義」「声字実相義」「吽字義」 空海


 今日は最近読んだ空海の書籍を紹介します。


 それは、空海「即身成仏義」「声字実相義」「吽字義」 ビギナーズ日本の思想 (角川文庫 角川ソフィア文庫) [ 空海 ] です。

 




 空海が書いた真言密教の教えの中でも最も重要な教えです。

空海が我々のような庶民に最も教えたかったこと、それが「即身成仏義」に書かれています。それは真言密教において、法身大日如来こそが真実の仏陀だと空海は説いています。その大日如来はどのような仏身なのか、私達とどう関わっているのかを説いているのが「即身成仏義」です。


そして言語や文章を用いた大日如来の受けとめ方や実在性を主張しているのが「声字実相義」です。


「吽」の一字には世界の全てが含まれ、それは大日如来と同じであると空海は説いています。あらゆる価値の共通の原点は大日如来だと教えているのが「吽字義」です。



曼荼羅の中央に座す大日如来にについて書かれた真言密教必読の「即・声・吽」三部作です。真言密教を理解する上で必読の三部作だと言えます。わかりやすい現代語訳で書かれていますが、理解するのは難しいですが、絶対に読んで欲しいですね。


「即身成仏義」「声字実相義」「吽時義」について書かれたこの解説本は、仏教特有の単語の解説を十分に書いてくれていないので、仏教の用語に慣れていない方にはとても難しいと思います。


仏教の用語に慣れていない方はまず、このシリーズの「般若心経秘鍵」や「三教指帰」などを読んでからの方が良いと思います。



 空海が「即身成仏義」で言いたかったことは、曼荼羅上の全ての存在は大日と同体です。大日如来と衆生も一体です。


つまり我即大日という大原則に衆生はただ気付いていないだけで、大日と自分が一体であることを認知する事が即ち「即身成仏」だと説いています。


前回紹介した苫米地英人氏の「お釈迦さまの脳科学」でも、悟りの正体とは、自分と宇宙の両方を完全に意識する事で、それができれば煩悩から解き放たれた状態になれる。まさに空海が説いていることと同じです。

posted by gonta at 11:23| 本の紹介