2018年08月27日

納経の方法とは


 四国遍路の目的は、八十八ヶ寺を巡って、それぞれのお寺の本堂と大師堂に納経することです。なので、どのようにして納経するのかを理解しておく必要があります。


納経という言葉から分かるように、お経を納めることです。お経を納める方法には二通りあります。一つは事前に写経したものを納経所に収める方法です。実際に写経で納経する人は少ないようです。


大多数の人が納経する方法は、お経を読んで納経する方法です。お経を読むと言っても、どのようなお経を読めばいいのか分からない人がほとんどだと思います。でも、心配しなくても大丈夫です。


四国遍路は長い歴史があるので、お遍路の作法はほとんどマニュアル化されています。納経もそうです。納経のための道具がちゃんと用意されています。


それは、「仏前勤行次第」という本があるんです。「仏前勤行次第」は高野山や真言宗のお寺などで、僧侶が実際に修行時に使っている本なのです。なので、「仏前勤行次第」を読むだけで、納経が終わるのです。



 「仏前勤行次第」を使って納経する手順を簡単に説明します。

1.合掌礼拝(がっしょうらいはい)

2.開経偈(かいきょうげ)
 「開経偈」を一度唱えます。

3.懺悔文(さんげもん)
 「懺悔文」を一度唱えます。

4.三帰依文(さんきえもん)
 「三帰(さんき)・三竟(さんきょう)」を三度唱えます。

5.十善戒(じゅうぜんかい)
 「十善戒」を三度唱えます。

6.発菩提心真言(ほつぼだいしんしんごん)
 「発菩提心真言」を三度唱えます。

7.三摩耶戒真言(さんまやかいしんごん)
 「三摩耶戒真言」を三度唱えます。

8.般若心経(はんにゃしんぎょう)
 「般若心経」を一巻唱えます。

9.ご本尊真言(ごほんぞんしんごん)
 各札所の「本尊真言」を三度唱えます。
 各札所の本尊真言は、別の機会に紹介します。

10.光明真言(こうみょうしんごん)
 「光明真言」を三度唱えます。

11.ご宝号(ごほうごう)
 お大師さまの「ご宝号」を三度唱えます。

12.回向文(えこうもん)
 「回向文」を一度唱えます。

13.合掌礼拝(がっしょうらいはい)
 「ありがとうございます」と述べ、合掌し礼拝します。


 四国遍路に行って、いきなりこれを読めと言ってもなかなかできないと思います。なので、事前に「仏前勤行次第」を購入し練習するいいでしょう。


  経本 仏前勤行次第

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ポイント2倍 6/14〜21】経本 仏前勤行次第
価格:310円(税込、送料別) (2018/6/19時点)





【四国遍路の参拝の方法の最新記事】
posted by gonta at 14:21| 四国遍路の参拝の方法