2018年07月20日

「空海の秘密」今井 仁


 今日は最近読んだ空海について書かれた書籍を紹介します。


 それは、空海の秘密 [ 今井仁 ] です。
 




 この本は空海の史実や逸話をベースにした歴史ミステリーです。空海について何も知らない方でも気軽に読むことができる歴史小説です。読むだけでミステリー小説を楽しむことができます。公になっていない空海の秘密を知ることができる面白さがあります。


空海の歴史には、記録が全く残されていない「空白の7年」というのがあります。さらに唐から帰ってきた後の3年間も、まったく何をしていたのか記録が残っていません。まさに歴史上のエアポケットです。


 この間に空海は何をしていたのでしょうか?誰もが疑問に思いますよね。

この本で著者は、歴史上のエアポケットで空海が何をしていたのかを明らかにしてくれます。といっても記録が残っていないので、あくまで想像の域を出ていません。


あまり説明するとネタバレになるので詳しくは言説明できませんが簡単に。

著者であるは今井 仁氏は作家ではありませんでした。1981年から20年間ぴあ株式会社に勤務し「チケットぴあ」を開発・事業化した人です。1999年にぴあを退社し執筆活動開始したという異色の作家です。


そんな今井氏が空海の歴史上のエアポケットを空海暗号(コード)と名付け、一連の謎かけと謎解きに挑んでいます。


 その謎とは、何なのでしょうか?

キリスト教の聖書には、預言者イザヤが契約の箱に入った神宝をイスラエル神殿から持ち出して東方の島々に向かったと思われる記述があります。


東方の島々とはどこかというと、最終到着地は日本だと考えられています。そして契約の箱に入った神宝とは、日本の三種の神器で、日本の皇室はユダヤからの渡来人と関係があるのではないかとという説さえあるのです。


このような話と絡めて、空海は歴史上のエアポケットでユダヤの神宝探しをしていたというお話なのです。四国八十八ヶ所は何故できたのかというと、剣山(当時は鶴亀山と呼ばれていた)にあるユダヤの契約の箱を守るために、空海が作った結界で、人々が右回りに回れば回るほど、結界が強固になるように作られているのだそうです。


面白い視点で歴史を捉えていて面白いので、ぜひ読んでくださいね。空海という人のまた違った一面を知ることができます。
 
posted by gonta at 11:12| 本の紹介