2018年07月13日

顕教と密教の違いとは


 顕教と密教の違いについて調べていると、真言宗僧侶である有坂脩岳(ありさか しゅうがく)氏が自身のブログで次のように説明していたので紹介します。

 顕教と密教の違いを一言でいうと、
顕教は、厳しい修行を積んで、仏になる教え
密教は、仏のまねをして、仏らしく生きていく教え



 この説明はとても上手いと思います。

もともと「顕教」という言葉は、真言宗の開祖である空海が作り出したものなのです。空海の真言密教と他の仏教宗派との違いを説明するために「顕教」という言葉が必要になったのだと思います。


顕教と密教とでは、「成仏の意味内容」「成仏の捉え方」「成仏に至る修道方法」などが大きく違います。有坂脩岳氏の説明のように、顕教では厳しい修行を積まなければ成仏できません。


しかし、密教では厳しい修行を積むことなく、仏のまねをして、仏らしく生きていけば成仏できると教えています。


もう少し詳しく説明すると、顕教では、仏に成ること(成仏)を「智慧の完成」と捉えていて、真理や実相の知的な認識や獲得することが成仏であると考えられています。


これに対して、空海の密教では、成仏とは仏の智慧を実践することであって、仏として為すべき行為を(現実の社会の中で)実行することだと捉えています。


したがって密教では、「智慧の完成」は入り口でしかなく、仏の行為を為すことが仏に成ることであると捉えられているのです。



 顕教と密教の違いが理解できましたか?

顕教と密教とを比べると顕教の教えは表層にとどまるとされています。これまでの説明で密教の方が奥深い物だと分かったと思います。


さらに、出家して僧侶の道を歩まなくても、在家の身で三蜜加持(さんみつかじ)の修業をすれば、即身成仏できる真言密教の方がいいですよね。敷居が低いというか取り組みやすいですから。

posted by gonta at 10:59| 知っておきたい仏教の知識