2018年06月23日

納札(おさめふだ)


 納札(おさめふだ)というのは、千社札と呼ばれることもあるもので、社寺に参詣した記念のために、自分の姓名や住所などを記した札を納めたり,社殿などに張ったりします。

 88-henro72.png

四国八十八箇所のお寺には、あらかじめ「納め札箱」が本堂と大師堂の2ヶ所に設置されているので、本堂と大師堂の2ヶ所にお参りして納札を納めます。納札はお経を読む前に納めます。



四国遍路では、お遍路した回数によって、納め札の色が違います。初心者は白色です。5回以上回った人は青色に、7回以上は赤色というように、納め札の色がどんどん変わっていきます。



 参考までに、納札の色は下記のようになります。

白 1〜4回

緑 5、6回

赤 7〜24回

銀 25回〜49回

金 50回〜99回

錦 100回以上



四国遍路をしていると、歩き疲れたところに接待所がいくつもあります。そういうところでお茶やお菓子を頂けるのです。そのようなお接待を受けたお礼に納札をお渡しします。



四国八十八箇所のお寺をお参りすると、最低でも176枚の納札が必要です。それにお接待を受けた回数だけ使う回数が増えます。ちなみに納札は100枚100円から売られています。



posted by gonta at 11:01| お遍路グッズ