2018年06月19日

仏前勤行次第とは


 四国遍路では88ヶ所のお寺を巡ります。巡るというのは、お寺に行ってお参りすればいいという訳ではありません。それらのお寺でしなければにらないことがあるのです。それはお寺の本堂と大師堂をお参りして納経することです。


本来は写経したものを納めるのですが、その代わりにお経を唱えます。唱えるお経も決まっています。お参りのしかたをまとめたものが「仏前勤行次第」と呼ばれるもなのです。


「仏前勤行次第」は、真言宗における勤行の心得について書かれています。つまり真言宗のお勤めの仕方をまとめたものです。高野山などの真言宗のお寺では、「仏前勤行次第」を基にお勤めをしているのだと思います。


なので真言宗の作法に従ってお参りするのが、四国遍路の巡礼の作法と言えます。



 「仏前勤行次第」に基づく勤行のしかたを簡単に説明します。

1.合掌礼拝(がっしょうらいはい)
 「恭しく御仏を礼拝し奉る」

2.開経偈(かいきょうげ)
 経典を開くときに読む最初の言葉

3.懺悔文(ざんげもん)
 今までの過ちを悔います

4.三帰(さんき)
 仏教に帰依することを誓う

5.三竟(さんきょう)
 仏教に帰依すると誓い終わりました

6.十善戒(じゅうぜんかい)
 10ある戒めを守ります

7.発菩提心真言(ほつぼだいしんしんごん)
 菩提心を持つことを誓います

8.三摩耶戒真言(さんまやかいしんごん)
 仏様の境地に達するよう努力します

9.般若心経(はんにゃしんぎょう)
 仏様が説かれた偉大な智慧の中心のお経

10.十三佛真言(じゅうさんぶつしんごん)
 仏様によって違うので、そのお寺の真言を読む

11.光明真言(こうみょうしんごん)
 5つの仏様のご加護と自分の力を発揮する真言

12.大師宝号(たいしほうごう)
 お大師様への帰依を誓う

13.廻向文(えこうのもん)
 お唱えして得られたメリットを他者に回します

14.合掌礼拝(三礼)


 「仏前勤行次第」は、初心者でも読みやすいように、文字にはすべて平がながふってあります。なので、「仏前勤行次第」を携行しお唱えすればいいだけです。お経を唱える時は、暗記していても両手に経本を持って読むことが、正式とされています。


 「仏前勤行次第」は持ち運びやすく、値段も安いので、常に携帯してほしい物です。


 経本 仏前勤行次第

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ポイント2倍 6/14〜21】経本 仏前勤行次第
価格:310円(税込、送料別) (2018/6/19時点)



posted by gonta at 16:30| お遍路グッズ