2018年05月24日

「空海は、すごい:超訳弘法大師のことば」苫米地 英人


 今日は空海について書かれた書籍を紹介します。
著者は苫米地 英人氏です。洗脳についてくわしい認知科学者ですが、少々胡散臭いところがある学者と言った方がいいかもしれませんね。


本人曰く、脳科学を専門とする学者ですが、仏教の伝統派である天台宗で得度をし、インドの密教寺院の僧院長をしているそうです。真偽のほどは分かりませんがそうなのでしょう。



 苫米地英人が空海について書いた本は、

 空海は、すごい 超訳 弘法大師のことば /苫米地英人【著】 【中古】afb です。

 




 
 苫米地英人氏は、この本で空海を褒めちぎっています。どういうふうに褒めているのかというと、

キリスト教に匹敵する史上最強の宗教が、かつての日本に存在した!それは親鸞の浄土真宗と空海の真言宗であると言っています。とにかく日本の仏教の中では異質な宗教だという切り口で始まります。


しかし最後には 空海の教えはお釈迦様(ガウタマ・シッダールタ)の教えに最も近いと言っうのです。そして空海の真言宗は最も民衆に受け入れやすく分かり易いものになっているというのです。


そのあたりの考え方は、この本を読んで理解してください。長くなるので省略させていただきます。


この本を読むと、空海の真言宗の凄さが分かると思います。まさに空海はキリストに匹敵する、あるいはキリストを超える宗教家であったことが理解できるのです。

posted by gonta at 11:06| 本の紹介