2018年05月14日

なぜ白衣を着て巡礼するのでしょうか



 なぜ白衣を着て巡礼するのでしょうか?


勘のいい方はもうお分かりだと思いますが、白衣、つまり白装束(装束)は死に装束だからです。



時代劇で武士が切腹するシーンをご覧になったことがあると思います。切腹する武士は身を清めてから白装束に身を包んでから、切腹の行為に臨みます。身を清め白装束を纏うことで、死の決意をするのです。



四国巡礼もその名残が残っているようで、白衣のような白装束をして、死ぬ覚悟で巡礼に赴いたということです。今では巡礼中に亡くなるというのは珍しいことですが、四国八十八箇所というのは元々修行の場ですから、修行中に命を落とすこともあったのです。



なので、死んでもかまわないという覚悟がなければ四国巡礼することができなかったという名残が残っているのです。それほど危険な旅であったということでしょう。今ではまったく考えられませんね。




 ちょっと脱線しますが、今でも巡礼の途中で亡くなる方がいます。巡礼の途中で亡くなるというよりも、四国遍路をしながら行き倒れたいという思いで巡礼を続けている方がいるのです。



四国遍路の経験者ならご存知かもしれませんが、手押し車のようなものに全財産をすべて押し込んで、巡礼している方を見かけたことがあるはずです。このような方は、高齢の方が多いようですが、そうでない方もいます。



そういう方は見れば雰囲気で分かります。普通の巡礼の方とはまったく違うからです。ただ、今ではとても少なくなっているように思います。見かけることがないかもしれません。




 ということで、巡礼するのに白衣、つまり死に装束をする必要はありません。普段着で巡礼してもかまいません。普段着の上に袖なしの白衣を着て巡礼している方が多いですね。


 88-henro63.jpg


四国巡礼をする場合、納経帳に御朱印を貰うのが一般的ですが、最近は、白衣に御朱印を貰う方も多くなっています。88ヶ所の御朱印がもらえるような格好になっている白衣も出ています。記念になるので、そういう白衣で巡礼してもいいですね。



私は、背中に「南無大師遍照金剛」という文字が入っている白衣をお勧めします。四国遍路だと分かり易く、お接待もしてもらえるのでいいと思います。


 四国八十八ヶ所用白衣(背文字入り)<袖無し>







【お遍路グッズの最新記事】
posted by gonta at 10:57| お遍路グッズ