2018年03月28日

空海を知るための入門書「空海曼荼羅」


 空海について知りたいと思い、読みやすい本から読んでいます。映画にもなった「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」は面白いですね。小説ですから、脚色が入っているにしても、空海がどのような人だったのかは、ある程度想像できますね。


今日は「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」の紹介ではありません。空海を理解するうえで、知っておかなければならないことがたくさんあります。例えば、真言密教の思想や空海の生い立ち、そして空海がなしえたことなど。


そして日本一の偉人として、空海がどのように捉えられているかということも重要です。きのために読んでおいてほしいのが、夢枕獏氏が編集した「空海曼荼羅」です。

 空海曼陀羅 (文春文庫) [ 夢枕 獏 ]

 





 「空海曼荼羅」は、香川県生まれの小説家である菊池寛や漫画家のジョージ秋山など、編者の夢枕獏も含めて10名の著名人が、驚くべき多面性をもつ宗教者・弘法大師空海をさまざまな方向からアプローチし書いています。


空海について書かれた本はたくさんあるので、どれから読めばいいのか分からないという方が多いと思います。しかし、この本は10人の書き手が綴る短編エッセー集なので、読みやすいだけでなく、内容もしっかりと簡潔にまとめられています。


空海を知るための入門書としては、これ以上の本はないと思います。弘法大師空海の本を探している方にお勧めです。



 ちなみに私は、藤巻一保氏の「空海密教の思想」が最も興味が湧きました。空海や密教の思想について解説してたものです。仏教における密教の特殊性や曼荼羅の必要性など、真言密教とはどのようなものなのかが、よく理解できました。


曼荼羅についてもっと学んでみようという気になっています。そして京都の東寺にある立体曼荼羅を一度見てみたいという気にさせてくれました。

posted by gonta at 11:27| 本の紹介