2018年01月18日

空海の教えとは?


 仏様の教えはたくさんありますが、その中で空海が最も強く説いた教えは三蜜加持(さんみつかじ)です。

 88-henro33.jpg

仏教では、人の行為や生活はすべて、身(しん)、口(く)、意(い)の3つの働きで成り立っていると考えられています。身(しん)、口(く)、意(い)というのは、字を見れば分かるように、身体と言葉と意志(心)のことです。


身(しん)、口(く)、意(い)のことを仏教では、三業(さんごう)と呼んでいます。仏さまの三業は、我々凡人では到底達することができないような高い境地なので、三蜜といいます。まさに秘密の様な境地なのです。


しかし、空海は我々のような凡人も本来は仏なので、人の三業も仏になりきってしまえば三蜜だと教え、これを身蜜、口蜜、意蜜と言います。


その三蜜によって加持すれば、速やかに仏になれると説いているのです。つまり、三蜜加持が即身成仏の方法であると空海は教えているのです。

  88-henro34.jpg

なんだか分かったで分かりませんね。一体どのようにすれば、即身成仏できるのでしょうか?三蜜加持というのは瞑想することです。我々のような凡人は、ただひたすら無心で瞑想するしかないのかもしれませんね。




 それでは真言宗のご本尊は何なのでしょうか?

真言宗は、大日如来が本尊です。しかし、大日如来意外の諸仏、諸菩薩、諸明王も大日如来の徳のひとつを表していると考えられているので、大日如来と同じように崇拝しているのです。


したがって真言宗の祖師である空海も弘法大師様(こうぼうだいし)として、本尊とされているのです。



 次に、真言宗の経典とは?

真言宗では、大日経、金剛頂経が主な経典とされています。大日経、金剛頂経の実践法を胎蔵界法、金剛界法と呼びます。




 空海の思想をまとめた著書 

空海の思想をまとめた著書を紹介します。

それは、秘密曼荼羅十住信論(ひみつまんだらじゅうじゅうしんろん) です。


この著書の中で空海は、第一住信(食などしか興味のない無知な状態)から三論宗、天台宗、華厳宗などの学びを得て最後の十住信(真言宗)に到達すると教えています。


つまり、真言宗は、仏教思想の頂点に立つものだと教えているのです。



 その他の空海の著書として特に有名なのが、 

性霊集(しょうれいしゅう) です。

宗教以外の政治や経済、文化についての空海の考えが書かれています。

性霊集(しょうれいしゅう) です。

宗教以外の政治や経済、文化についての空海の考えが書かれています。





posted by gonta at 16:15| 空海とは?