2017年11月03日

四国巡礼はどこから始めてもかまわない


 四国八十八箇所を巡ることを四国では遍路といいます。それ以外にも四国巡礼や四国巡拝、四国遍路などとも言われます。そして地元四国では、巡礼する人を敬愛の意味を込めて「お遍路さん」と呼びます。

 88-henro06.jpg


 どこから遍路を始めてもかまわない

 お寺や神社に行くとお参りする順番や作法があります。今では、その作法通りにお参りする人の方が少なくなっているので、あまり気にすることはないのかもしれません。


四国遍路も同じです。通常は1番札所から2番札所、3番札所、・・・と88番札所まで順番に回っていきます。これを「順周り」とか「順打ち」と呼びます。


しかし、四国遍路の場合、回り方に決まりはありません。順番通りに回る必要はないのです。自分の都合によって決めればいいのです。


八十八ヵ所を徒歩で順番に回ると40日くらいかかります。仕事をしている人の場合、それだけの長い期間休みをとって遍路をすることはできません。なので自分の休みと相談しながら遍路をする人が多いのです。


四国に住んでいる方なら、近くのお寺から回る人がたくさんいます。四国以外でも交通機関を考えて、都合のよいお寺から回る人も多いようです。

 88-henro16jpg.jpg




 1年以上かけて回る人も多い

 八十八ヵ所をすべてまわるのに要する期間も様々です。1年以上かけて回る人もたくさんいます。


最近は徒歩で遍路する人よりも車で回る人が増えています。観光バスを使ったツアーで回る人が多くなったように思います。


車を使ったり観光ツアーなら、高速道路を利用すると最短5日間くらいで回れるようです。四国遍路をする目的や理由によって、移動手段や日程を決めればいいと思います。
四国遍路は本当に自分の思うがままに自由にやっていいのです。


posted by gonta at 10:03| お遍路さんとは