2018年09月20日

仏教を勘違いしている人が多い


 仏教を正しく理解している人は少ないと思っています。多くの日本人が仏教に接するのは、人が亡くなった時や親族の法事などの時でしかない人がほとんどだと思います。


なので、死者を弔ったり、ご先祖様を供養するためにあるのが仏教だと捉えているいる人がほとんどではないでしょうか?


あるいは、仏教の知識がある人でも、死後の世界に対する神秘的なイメージでとらえている人が多いのではないでしょうか?


ところが仏教の創始者であるお釈迦様(ゴータマ・シッダールタ)は、我々が抱いているようなイメージとはまるで違った考え方なのです。


お釈迦様が死に直面した時に、弟子の阿難(アーナンダ)に、葬式に僧侶が関わることはない、信者にまかせよと言っているのです。


お釈迦様は仏教の修行者は葬儀に参加する必要はないと言い切っています。つまり、仏教の修行者にとって大事なことは、「今どのように生きるべきか」であって、死後のことに心を煩わせるのは意味がないと考えていたのです。


現在の日本では、葬式や法事を取り仕切ることで頭が一杯のの僧侶が多いと思います。もちろん僧侶ですから、日々の修業は積んでいるはずですが、妻帯し子を持つのは当たり前で、お酒を飲んだり肉食している僧侶も多いようです。


お釈迦様の教えを忠実に守っている僧侶は少数派だと言えるでしょう。それを批判しているわけではないのです。現代においてお釈迦様の時代のように托鉢だけで食べていくなんてことはできませんからね。


それではお釈迦様は何がしたかったのかというと、現生で生きている人に幸せになってもらうために、お釈迦様が悟ったことを説いて歩いたのです。

 88-henro85.jpg

 お釈迦様の教えは、あくまでも、この現世でどのように生きるべきかということであって、死んで極楽浄土に行くことを目的としていないのです。


ですから、四国遍路に興味を持ちお遍路をしたいと思っている方は、現世で幸せになることを願い、歩いてほしいと思っています。

posted by gonta at 11:39| 知っておきたい仏教の知識

2018年09月18日

「即身成仏義」「声字実相義」「吽字義」 空海


 今日は最近読んだ空海の書籍を紹介します。


 それは、空海「即身成仏義」「声字実相義」「吽字義」 ビギナーズ日本の思想 (角川文庫 角川ソフィア文庫) [ 空海 ] です。

 




 空海が書いた真言密教の教えの中でも最も重要な教えです。

空海が我々のような庶民に最も教えたかったこと、それが「即身成仏義」に書かれています。それは真言密教において、法身大日如来こそが真実の仏陀だと空海は説いています。その大日如来はどのような仏身なのか、私達とどう関わっているのかを説いているのが「即身成仏義」です。


そして言語や文章を用いた大日如来の受けとめ方や実在性を主張しているのが「声字実相義」です。


「吽」の一字には世界の全てが含まれ、それは大日如来と同じであると空海は説いています。あらゆる価値の共通の原点は大日如来だと教えているのが「吽字義」です。



曼荼羅の中央に座す大日如来にについて書かれた真言密教必読の「即・声・吽」三部作です。真言密教を理解する上で必読の三部作だと言えます。わかりやすい現代語訳で書かれていますが、理解するのは難しいですが、絶対に読んで欲しいですね。


「即身成仏義」「声字実相義」「吽時義」について書かれたこの解説本は、仏教特有の単語の解説を十分に書いてくれていないので、仏教の用語に慣れていない方にはとても難しいと思います。


仏教の用語に慣れていない方はまず、このシリーズの「般若心経秘鍵」や「三教指帰」などを読んでからの方が良いと思います。



 空海が「即身成仏義」で言いたかったことは、曼荼羅上の全ての存在は大日と同体です。大日如来と衆生も一体です。


つまり我即大日という大原則に衆生はただ気付いていないだけで、大日と自分が一体であることを認知する事が即ち「即身成仏」だと説いています。


前回紹介した苫米地英人氏の「お釈迦さまの脳科学」でも、悟りの正体とは、自分と宇宙の両方を完全に意識する事で、それができれば煩悩から解き放たれた状態になれる。まさに空海が説いていることと同じです。

posted by gonta at 11:23| 本の紹介

2018年09月13日

「お釈迦さまの脳科学」苫米地 英人


 今日は最近読んだ仏教について書かれた書籍を紹介します。


 それは、お釈迦さまの脳科学 (小学館101新書) [ 苫米地英人 ] です。


 





 著者である苫米地氏の評価は完全に真っ二つにかれているようです。仏教や心理学に通じた方からの評価は低いようですが、それ以外の方の評価はわりと高いのではないでしょうか?


この本に限らず、苫米地氏の著書では難しい内容を分かり易いように書いているので、深みがないというような評価をする人が多いのかもしれませんね。


私もどちらかというと懐疑的な読者かもしれません。しかし、苫米地氏の幅広い知識はなるほどなぁと感心させられることが多いのも事実です。


 この本で、感心した内容を簡単に説明します。

 日本には本当の仏教は伝わっていない。「葬式」も「位牌」も「戒名」も、釈迦の教えとは関係ない。これらは儒教や道教に由来するもので、仏教が中国を経由して伝わったがゆえのものである。


また『般若心経』は中国で創作されたと疑われているお経で、釈迦の教えではないようです。


さらにチベットで発見された『チベット大蔵経』が20世紀になって日本にも紹介され、他の宗教の影響を受けていない釈迦の教えがようやくわかるようになったそうです。本来の仏教は絶対的な存在である神を否定し、平等な社会をめざし、最新の物理学や数学と同じ結論を導き出していたということです。


脳機能科学者でもある苫米地氏は、天台宗の僧籍を持ち、チベット仏教の大阿闍梨の称号をも得ているそうで、苫米地氏が仏教の歴史を振り返りながら大乗仏教と日本仏教の成り立ちを解説しています。


仏教について知らなかったことがたくさん書かれているので、とても参考になりました。

この本で最も興味を持ったのは、苫米地氏が考えている釈迦の教えの核心と悟りの正体です。


まず苫米地氏が考えている釈迦の教えの核心とは、宇宙と自分は同じだということです。つまり自分を悟りに導いてくれる存在と自分との間に違いはないということです。


これは空海が説いている、大日如来と自分とは同一であるという教えと同じです。違いは、それを理解しているかどうかだけなのだと。


次に、苫米地氏が考えている悟りの正体とは、自分と宇宙の両方を完全に意識する事だそうです。つまり煩悩から解き放たれた状態です。


詳しく知りたい方は、この本を読んでください。


posted by gonta at 13:47| 本の紹介